2回目の「クレドづくり」をしました(2021/09/19更新)

 月に1回あるスタッフミーティングの時間を利用して、先月よりクレドづくりをしています。

2回目の今月は、事業部ごとのクレドづくりを深めていくことを目標に意見交換をしました。

◆部門ごとにクレドを作る理由
それぞれの事業部の業務内容によって大切にしたいことは異なってきます。
スタッフ同士でも事業部を越えると知らないことは多々出てきます。だからこそ、事業部ごとにクレドを
作っていくことで、他の事業部のイメージができたり、時にはサポートしたりすることができるだろうと
いう考えがあるからです。
そして、事業部やチームを構成するのは関わるスタッフ1人1人の力。
組織に所属すると、どうしても自分の気持ちを抑えてしまいがちですが、
「私にとってのクレド」もしっかり意識した上で、部門のクレドを作っていくことにしました。
◆『気持ちが上がる時/下がる時ってどんな時?』
今回の研修を担当してくださったこまちぷらすの理事である河合将生さんが
1回目の部門ごとのブレークアウトに入る前に提起した問いが、『何を食べたら気持ちが上がる?』でした。
すぐに答えられた人もいれば回答に詰まる人もいましたが、「気持ちが上がる時」「気持ちが下がる時」
がどんな時なのかを振り返り、「わたしにとってのクレド」を意識するヒントに繋がったように感じました。

クレドを考えるためのヒントを元に、事業部ごと仕事に取り組む上での「気持ちが上がる時」
「気持ちが下がる時」を考えたり、大切にしていることは何かを導いたりと、
たくさんの対話とたくさんの意見出しが行われました。出された意見から、
事業部ごとのクレドが少しずつ明確化されていく様子を引き続きご紹介していきます。

 

▲トップに戻る