つながりデザインプロジェクト

~地域の居場所づくりと参加のデザイン~

こまちぷらすでは、飲食やイベントなどをきっかけに「こまちカフェ」という居場所を訪れた方々が、「互いに関心を持つ」や「自分の思いを語り合う」といったゆるやかな入口からスタートし、ご自身の「やってみたい」を見つけ自分のやりたいこと見つけ、やがて「地域課題や他者のニーズと掛け合わせること」で「地域の誰かの役に立つ」までの循環を生み出す取り組みを日々実践しています。

 

2016・2017年度の取り組み概要についてはこちら

2017年度こまちぷらす事業報告書「地域の居場所づくりと他地域への展開」

> 2018年度こまちぷらす事業報告書「地域の居場所づくりと他地域への展開 」

 

居場所づくりコーディネーター

現在3名のコーディネーターが、こまちカフェ内外の各種イベントや取り組みを担当しております。

 

様々な取り組み

●こまちパートナー登録会

こまちパートナー登録会

こまちぷらすの理念に共感しスタッフと共に活動を推進するボランティアの登録説明会。こまちぷらすについての説明だけでなく、参加者自身について語り合うワークも実施。
※こまちパートナーについてはこちら https://comachicafe.com/partner/

●パートナーぷらす交流会

パートナーぷらす交流会

パートナー同士がつながる場として、交流会や研修会を月1回半年間実施。それぞれの思いや、これからやってみたいことなどを交流や学びを通して育んでいく場です。

 

映画『given~いまここにある幸せ~』given瓦版も併せてご覧ください。

つながりデザインプロジェクトから発生した、パートナーさんが実行委員会を作って行った自主上映会。

この上映会は、パートナーのお二人が実行委員長、副委員長をつとめて実行員会を立ち上げ、地域の他団体の方やこまちぷらすと連携をとり2018年2月に上映会を開催しました。

●おしゃべり会

おしゃべり会

当事者性の高いテーマにしぼった形で互いの思いを話し合う場。 2017年度は、「0歳児ママ」「離乳食」「お肌のケア」「NICU卒のお子さん」などといったテーマで開催。

●企画の会

企画の会

イベント企画のチャレンジ

パートナーさんの中には、「イベントを企画して開催してみたい」という想いをお持ちの方もいらっしゃいます。
イベントスペース契約者様よりスペース利用のご協力をいただきながら、
イベント開催のチャレンジに、居場所づくりコーディネーターが個別伴走を行っています。

これまでも、ご自身の「あったらいいな」から生まれた、様々なイベントが開催されています。

▲トップに戻る

立場を超えた対話の場~とつかフューチャーセッション~

地域の中で様々な社会課題について当事者・支援・企業等、立場を超えて共に考える対話の場で、。当事者の声を可視化した「葉っぱ」を使ったワークショップを行っています。最後に参加者それぞれが「気づきとアクション」を考え、まちの様々な方同士が関心を寄せ合う機会となっています。

→「3枚の葉っぱ」ファシリテーション養成講座についてはこちら

https://comachiplus.org/community/program/

とつかフューチャーセッション

▲トップに戻る

外部向け研修開催・講師派遣

自治体、中間支援、施設運営者、カフェ的な居場所を運営されている方等、ご関心がある方はお問い合わせください。プログラムをご相談に応じて組み立てております。

プログラム導入の詳細や、研修開催、講師派遣につきましては、 こちらのページをご覧ください。

外部向け研修開催・講師派遣

 

※つながりデザインプロジェクトは、2016年4月~2019年3月の期間、日本財団の助成を受けて活動いたしました。