見守りスタッフとして感じていること(2022/06/08更新)

小さいお子さんを連れたお客様がゆっくりできたことを喜んでくださる一方で、見守りスタッフの
皆さんは小さいお子さんとの触れ合いや、抱っこをさせてもらえることが嬉しいそうです。
近所づきあいも少なりつつある現代、我が子以外の小さいお子さんとの関わりができる見守りは
癒しの時間、これからも続けていきたい、という声も聞きました。
これから子育てに向き合う世代の学生さんにとっては、子どもと触れ合えたり、親御さんの様子や
会話から子育ての実態を学んだり、月齢に合わせて声かけや遊びの内容を工夫して関わってみる
実践の場として貴重な機会にもなっているようです。
そして、長く見守りスタッフとして関わっていると、以前にご来店されたお客様との再会も多々あり、お子さんの成長を身近で感じることができて感動したり、スタッフの顔を覚えていてくださることが
とても嬉しいそうです。

週に1回の頻度で関わってくださっている見守りスタッフさんからメッセージをいただきました。

*******
《見守りスタッフOさん》
お客様のお子さんの見守りは、難しそうだったり大変そうなイメージがするかもしれませんが、
困ったときはこまちカフェのスタッフさんに聞けば大丈夫!癒されるので、気になる方がいたら
まずはやってみてくださいね♪
*******
《見守りスタッフSさん》
0歳の赤ちゃんから、小学生までたくさんのお子さんたちと関われるとても楽しい時間です。
子どもたちと関わりながら、お母さんたちともお話しできます。おもちゃや絵本も沢山あり、
子どもたちの興味関心に合わせて接することができます。是非見守りボランティアに参加して
いただきたいです。
*******

★見守りスタッフにご興味がある方は、ぜひパートナー登録会にいらしてください♪

▲トップに戻る