ダブルケアが始まる前から一緒に考えたい(2021/12/19更新)

親の介護がまだ身近ではない方も多い中で、介護が始まっていないから参加していいのかわからない、
参加しにくい…という声も多々聞きますが、ダブルケアに関する体験談が聞ける企画を設けた時は、
興味を示してご参加された方が多かったようです。
気になるけれどどこから始めたらいいのだろう、漠然とした不安のやり場をどうしたらいいのだろう
という方は意外に多いように感じます。

参加された方からは、「先々のイメージが持てた」「今からできることが明確になった」
「気持ちを話したりや経験談を聞くことができる場があってよかった」などと、
暗いイメージのあった『介護』に明るい兆しを感じる感想を頂いています。

11月はダブルケアや介護に関する保険のミニ講座を開催しました。
次回12月20日(月)は介護サービスが必要になったときのお金についてのミニ講座が開かれます。
ご自身が今感じている親御さんへのお気持ちなどを話せる時間も取っていますので、
まだ漠然としている方もぜひご参加ください。

 

「ケアラーズカフェえんがわ」は、思いを話し、自分や家族だけでどうにかしようとすることなく、
周りに頼りやすい世の中を作っていきたいという担当者の大塚の思いのもとに運営しています。
抱えているケアがダブルかどうかに関わらず、子育てや介護だけでなく
「ケアラー」として抱えている思いのある方に、ご参加いただければと思っています。

 

5人、立っている人、座っている人と屋内の画像のようです

▲トップに戻る