”戸塚宿ほのぼの商和会”の事務局を通して作られた新たな繋がり(2021/06/27更新)

事務局を担当しているため、商店会の方々が商店会に関することで、
こまちカフェを訪れてくださることが増えました。
子育て中の方々の様子を目の当たりにされることも多々ありますし、こまちぷらすがどのような事業を
行っているのかを知っていただくきっかけになっています。

例えば、数年前より保土ヶ谷養護学校の校内実習の一環として、
こまちぷらすの作業をお手伝いしていただいているのですが、
今年は商店会の方々にもお声がけをさせていただき、店舗のチラシ修正のお仕事を頂くことができました。

保土ヶ谷養護学校とのつながりも商店会の皆さんが関わっている「とつか夏祭り」
での出会いがきっかけでした。
また、商店会からのお声がけで、舞岡高校の「マイタケプロジェクト」で
作られた筍を頂く機会にも恵まれました。
ランチのサラダにトッピングして提供したこともありました。

このように、まちで生活している様々な方たちからその方ならではの得意なことや力をお借りしたり、
共に何かをつくったりしていくことで、自分の作業ひとつひとつがまちの誰かの力となっていく
繋がりができあがってきています。

ほのぼの商和会の皆さんとの繋がりで新しい経験ができた親子がいます。
その様子は引き続きお伝えしていきます。

▲トップに戻る