親子カフェ地域子育てカレンダーこまちぷらすとはカフェを作りませんか

森祐美子のプロフィール

代表 森 祐美子 (旧姓高島)

 

2001年9月

任意団体「Artagglo」を設立、代表2年つとめる
アートによるまちづくりを新潟県の過疎地域(小出郷地域=現魚沼市)でまちの方々(小出郷文化会館様他)と実施。
イベントやワークショップを通じて3年間で東京から合計100人以上この過疎地域へ呼び込む

2002年

1年間新潟県小出地域振興課による地域の中長期計画策定に、策定メンバーとして関わる。

2003年3月

新潟県小出地域振興調整会議&奥只見郷観光開発協議会のシンポジウムに、パネリストとして登壇

2003年12月

日立製作所の社会貢献活動 HitachiYoungLeadersInitiative の国際学生会議に日本代表として選出され、タイ国際会議に出席

2004年4月

トヨタ自動車株式会社へ入社
海外営業(中国:香港)を担当

2006年11月

育児休職開始、第一子出産。以降2人続けて計4年取得。
知り合いがいなく、毎日何時間もネットで「誰かと出会える場を検索。電車やバスを乗り継いでひろばに行ったり、高齢者の会にまで参加。
→ 情報があるはずなのに、たどりつけない苦しさを感じた時期

2007年

「戸塚区子育て支援拠点をつくろう」会参加メンバーになる。
区、地域の子育て支援者、ママたちと一緒に
どのような拠点であるべきか1年勉強し報告書をまとめる。

東戸塚の親子サークル、ひらひらクラブの赤ちゃんサロン(0歳児のママ向けおしゃべり会)
ファシリテーターを1年つとめる
→ 情報が実はたくさん発信されていることに気づく。
それが必要な人に届いていないということが分かった時期。

2008年7月

第二子出産。

母親向け講座企画市民団体 mama’sfield運営メンバーとして活動。
区民企画講座を企画。30人以上の参加者向けに4回連続講座を実施。

個人で自主的にワーキングマザー(育休中の人中心)向けに 講座を東戸塚で開催。
8人が参加(海老名からも参加者がくる!)
→ 子育てしながらも「自分が好きなことを仕事にしたい」と思っているお母さんたち、多才なお母さんたちがいることに気づく。

2010年7月

復職、海外調査の仕事を担当。
朝7時からこどもたちを保育園に預け18時に帰宅、夜中に自宅で残業をする日々。

→ ママたちが必要な「ワークライフバランス」は企業や行政が動くことを待つのではなく
自分たちでつくっていかなければいけない
と強く感じる。

2011年8月

こまちぷらす設立に向けて準備を開始。
泉区 吉田てづくり農園とコラボ決定。
ボランティアSEの方にシステム開発依頼。
ひらひらクラブとの協議、冊子内容譲渡について合意。

2012年1月

トヨタ自動車退職

2012年2月

こまちぷらす発足

2012年4月

事業開始

ページの先頭へ

東戸塚オーロラモール